2020年代

受賞作品 ノミネート
2020 トイ・ストーリー4

 字幕版(Amazon)→

 吹替版(Amazon)→

2010年代

受賞作品 ノミネート
2019 スパイダーマン:スパイダーバース

(公開:2019年3月8日)

 予告編(字幕版、Amazon)→

 予告編(吹替版、Amazon)→
2018 リメンバー・ミー

2017 ズートピア

 予告編(Amazonビデオ字幕版)→

 吹替版(Amazonビデオ)→
2016 インサイド・ヘッド

 予告編(Amazonビデオ字幕版)→

 吹替版(Amazonビデオ)→
2015 ベイマックス

 予告編(Amazonビデオ字幕版)→

 吹替版(Amazonビデオ)→
2014 アナと雪の女王

 予告編(Amazonビデオ字幕版)→

 吹替版(Amazonビデオ)→
2013 メリダとおそろしの森

 予告編(Amazonビデオ字幕版)→

 吹替版(Amazonビデオ)→
2012 ランゴ

 予告編(Amazonビデオ字幕版)→

 吹替版(Amazonビデオ)→
2011 トイ・ストーリー3

 予告編(Amazonビデオ字幕版)→

 吹替版(Amazonビデオ)→
2010 カールじいさんの空飛ぶ家

 予告編(Amazonビデオ字幕版)→

 吹替版(Amazonビデオ)→

2000年代

受賞作品 ノミネート
2009 ウォーリー

 予告編(Amazonビデオ字幕版)→

 吹替版(Amazonビデオ)→
2008 レミーのおいしいレストラン

 予告編(Amazonビデオ字幕版)→

 吹替版(Amazonビデオ)→
2007 ハッピー フィート

 予告編(Amazonビデオ字幕版)→

 吹替版(Amazonビデオ)→
2006 ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!

 Netflix→
  • ティム・バートンのコープスブライド
     Netflix→
  • ハウルの動く城
     Tsutaya→
2005 Mr.インクレディブル

 予告編(Amazonビデオ字幕版)→

 吹替版(Amazonビデオ)→
2004 ファインディング・ニモ

 予告編(Amazonビデオ字幕版)→

 吹替版(Amazonビデオ)→

カクレクマノミの父親が人間に捕まった息子「ニモ」をナンヨウハギのドリーと一緒に捜す旅にでる冒険ストーリー。

カクレクマノミのマーリンは、バラクーダに襲われて、愛する妻とたくさんの卵を一瞬に失った。マーリンは、一つだけ残った卵から生まれたニモを愛するあまり、ニモがうんざりするくらい心配性。ニモは仲間たちに臆病(おくびょう)者とからかわれ、マーリンが止めるのを聞かずに人間のボートに近づいて、ダイバーに連れ去られてしまう。マーリンは、親切だが極度に物忘れがひどいナンヨウハギのドリーと一緒に、ニモを捜す旅に出る。一方ニモは、歯科医の水槽に他の熱帯魚とともに入れられた。歯医者の姪(めい)のプレゼントにされると知って、魚たちは何とかニモを逃がそうと計画する。

この後、お話がいろいろあってハッピーエンドなのだが、この「いろいろ」の細工がお見事。マーリンとドリーの爆笑珍道中。子を思う親の気持ちと、親を求める子の一念は、涙を誘わずにおかない。シーンごとにきちんと起承転結を作る巧みな筋運び。大きな目と口、ヒレで表情を作り、いかにも魚らしい動きで水中のリアリティーを失わない。ドリーをはじめ脇役も魅力的。エンドロールも見逃せない。子供向けと侮るなかれ。シッポの先までぎっしりアンコが詰まり、大人もうならされること請け合いである。アンドリュー・スタントン、リー・アンクリッチ監督。1時間41分。(今矢宗佑)
2003 千と千尋の神隠し

 Tsutaya→
2002 シュレック

 Netflix→

アカデミー賞専門サイト「Oscar Watch」では、
アカデミー賞のアニメ賞の歴代受賞作品に関する情報を提供しています。


アニメ賞の編集担当より挨拶

こんにちは、歴代アカデミー賞の情報サイト「オスカー・ウォッチ」の編集を担当しているWEBクリエイトと申します。このたびは、オスカーウォッチをご覧いただきありがとうございます。
当サイトは、アカデミー賞の専門情報サイトとして、アニメ賞など各部門の詳細なデータをまとめております。 また、歴代の作品賞の受賞作の中で、最も評価の高い映画についての投票も行っております。 なお、このページは、アカデミー賞のうち、日本でも注目度が高い「アニメ賞」のページになります。アニメ賞は、2002年からスタートした比較的新しい部門です。受賞作品は日本でも同じみのものばかり。 2003年には、ジブリの宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」が受賞しています。ぜひ、当サイトをご参考にして下さい。